レストラントラベラー(リョウリヤ ステファン パンテル/京都)

レストラントラベラー(リョウリヤ ステファン パンテル/京都)


レストラン・飲食店ランキング さてさて、京都美味しいもの探し最後のお店は、京都のフレンチのお店「リョウリヤ ステファン パンテル」です。こちらのお店は、いつもいろいろ料理のことを教えてくれる先輩が絶賛していたお店ですので、一度行ってみたいと思い、今回念願かなってお伺いしました。

住宅街の中に突然現れます。扉をくぐると
日本家屋の外観ですが中身は洋風のレストランです。

今日は¥10000のコースと¥8000のワインペアリングを頂いてきました。

前菜は夏野菜のガスパチョのソルベと、5種類の貝類のバルサミコとカレーオイルのマリネ。根セロリのムース。貝のマリネにはディルが入っていて、それぞれが美味しいのですが、全部一緒に食べると一つの料理としてバランスがとても良くなるというお料理でした。
フォアグラと奈良漬のテリーヌ。このお店のシグニチャーメニューとも言えるお料理。
当然ながらめっちゃ美味しい。マンゴーのソースが全体を引き締めている。
干し椎茸と煮た車海老の生春巻き、えんどう豆のソース、スナップエンドウ、車海老の頭のコンソメ。これもそれぞれのパーツが全部組み合わさったときに、一つの料理としての一体感を感じるお料理。スナップエンドウの食感とミントオイルが絡んでいるので爽やかな味わい、なめらかなえんどう豆のソース、ぷりっとした食感と旨味のある車海老の生春巻きと、爽やかだけどノクのある車海老のコンソメ。添えられているシブレットの花やベゴニアなどもそれぞれいい働きをしている。
きゅうりのスープとケッフィヨーグルト 横には鯵とあさかぜきゅうりのピクルス
胡瓜が主役なお料理。きゅうりのスープに添えられているヨーグルトはきゅうりの味を引き立たせるさわやかさを感じた。横の鯵ときゅうりのピクルスも胡瓜の食感がこの料理を更に引き立たせていた。またクミンの風味も鯵に抑揚がでて嬉しい。
若狭湾で取れた鱒と山椒のソース。ナスにはヘーゼルナッツの味噌が塗られている。
マスは塊で表面だけ焼いていたので身の部分は半生の状態であるが、口に入れるとますが口の中で解けていく。山椒のソースも酷のあるソースの中にスパイシーさを感じられていい。特にナスに塗られていたヘーゼルナッツのお味噌はパンなどにも塗って食べてみたいくらい美味しい。
バスク豚のロースのロースト
野菜のローストは程よく水分が抜かれて鯵に凝縮味があり、チョリソーと豚足もそれぞれ味わい深く美味しい。豚のローストは旨味がたっぷりあり、特に脂の部分の旨味は日本の豚とまた違った力強さと旨味を感じた。
デザート前のチーズを進められましたので迷わずオーダー(おそらく別途金額取られていると思いますが)
グリオットチェリーのソルベとホワイトチョコのムース。パンデピスのクラッカー
チェリーのソルベとパンデピスのスパイシーさのコラボレーションがすばらしい。
西京味噌のジェラードとピスタチオ チェリーのムース
西京味噌のジェラードの塩味が一番最後の締めくくりとしては個人的に嬉しかった。

そしてペアリングはこちら

前菜と合わせたイタリアのロゼワイン
フォアグラと合わせた フランスアルザスのワイン
車海老とえんどう豆の料理と合わせたフランス サンセール
胡瓜のお料理と合わせたゲルナーヴェルトリナーという品種のワイン
魚料理と合わせたロゼシャンパーニュ ピノ・ノワール60シャルドネ38って言っていたような
お肉料理と合わせたメルロー主体のボルドーワイン
チーズと合わせた(こちらはペアリング外)ピノーデシャラント

こんな感じで大体20000円位ですかね…。かなりお得な感じがしました。25000円位のクオリティがあると感じました。

また、シェフのステファンさんの熱烈な料理の説明がうれしいです。料理への愛情をとても感じるレストランでした。またぜひ行きたいな−

ごちそうさまでした。

フレンチカテゴリの最新記事