日本酒と妄想料理のあれこれ(三重県 清水清三郎商店株式会社 作 玄乃智)

日本酒と妄想料理のあれこれ(三重県 清水清三郎商店株式会社 作 玄乃智)


日本酒ランキング
じつは、私、ミーハーなものが嫌いでして、日本酒でもワインでもメディアに取り上げられた、商品に関してはどんなに良くってもあまり手を付けたがらず、
仮に手を付けたとしても「持ち上げられているほどのものではないな…」なんて(どんなに自分好みでも)斜めにものを見てしまうくらい、嫌いなのですが…
このお酒はもろ好み。それがこれです。

三重県が誇る日本酒「作」の玄乃智です。(奏乃智もすき)。
このキレが良くって、なおかつ凛とした味わいがとても好き。あと、生酒より火入れ酒派の僕からすると、ドンピシャで好きな日本酒です。

作 玄乃智(ざく げんのとも)純米 720ml【清水醸造】【三重県】

価格:1,620円
(2019/6/28 01:41時点)
感想(0件)


だからネームバリューだけでかわずに、このお酒を好きな人が心から楽しんでほしいと思うお酒です。
では、いつもどおりのやつ行きます。(この判断方法もそろそろかえたいな−。なんか色んな人の参考になりそうな評価方法が編み出せたら、そのときにかえます)

外観
限りなく透明で、ほんのり薄黄緑色

香り
青りんごのような酸味を感じる。ドライな印象もある。少しだけドライアップルのようなニュアンスも。若々しくフレッシュな感じがします

味わい
コメの甘さを感じる。りんごをかじったような酸味と爽やかな苦味をかんじ、アフターはほとんどなく、キレがいい。
青梅のようなニュアンスもある。

今日の妄想料理
・少し冷やしたこのお酒なら、白身魚の握り鮨。
・温度を12度位でいただくなら、鱧をクズ落としにした御碗料理。一番だしの香り高さと、鱧の淡白な味わいに、この切れのある日本酒はとても相性のいいように
思える。

やっぱり上品なお酒には上品なお料理を合わせたいものですね。

そして、隣の家から味噌ラーメンの香りが漂ってきている…

お腹へった…

それではまた、明日!(明日はレストランのアップが久々にできるかも)

日本酒カテゴリの最新記事