レストラントラベラー(愛知県 名古屋 眞(2回目 ディナー)

レストラントラベラー(愛知県 名古屋 眞(2回目 ディナー)


今日は、前回訪れた名古屋の割烹料理屋「眞」さんのディナーにお伺いしてきました。(6月くらいに)

前回はランチだったのですが、期待以上に美味しかったので今日はディナーです(ドキドキ)
今日はこのような献立でした

それではまずビールを頼んで…

スタートです

先付は鈴で作られたお皿で出てきました。生ハムとメロンと白和え。です。なんとも奇妙な組み合わせ。生ハムメロンまでは理解できるんですが、白和えは…と疑心暗鬼でいただきましたが、これが意外と合う。木の芽がいい役割をしています。
どんどん行きます

次が沖縄産の車海老、雲丹、みょうが、おくら、焼きなすと出汁のジュレ。天には白トリュフのキャビア(白トリュフオイルをアルギン酸で固めたもの)が乗っています。
これもトリュフと出汁の組み合わせが楽しみな一品なのですが、これも意外と合う。出汁はエビと雲丹の旨味を増幅させ、トリュフの香りが新しい風を吹き込むような料理です。美味しい。さすがです。

次が御碗的なお料理。愛知県産の鱧の湯引きととうもろこし真丈、白味噌、スマシバター。
このすましバターがとてつもなくいい仕事をしています。上品な味噌バターラーメン。すごいこの組み合わせ。目からウロコです。もちろんおいしい

穴子を蒸したものと、白カビチーズと万願寺を合わせたソース。鰹節とかぼちゃ。
この、白カビチーズと万願寺とうがらしを合わせたソースが、美味しい。これだけ持って帰って、パンにつけて永遠に食べたいくらい美味しいです。
そして、穴子との相性も素晴らしい。よくこんな組み合わせ思いつくよな…と感心していしまいます。

そしてこのお店のスペシャリテのフォアグラ、マンゴー、べったら漬、蓬麩、芽ネギ、の海苔巻き。今日も相変わらず美味しいです。2回目のくせにこれを食べるとちょっと安心する。

飛騨牛の牛すじの春巻き、かりもり、杏のソース
この料理はちょっとだけ重かったなー。味わいは好きだったのですが、牛すじを炊いたものを春巻きで出していたのですごく油っぽく感じちゃいました。

からの、さっぱり系。これで全てチャラになるくらい爽やかな料理。酢の物として出されたのですが、三重県産アオリイカとキャビア、トマトのシャーベット、マイクロバジル、ライチのソース。イカとライチの相性が抜群に良くってびっくりしました。そして、トマトの酸味が間に入ってきてとても美味しい。

そして長良川の鮎のワタを抜いて、腹の中にカカオが入っており、上には抹茶ミルクの泡がのっています。
これはなかなか斬新。鮎のほろ苦いワタが、薫り高いカカオに変わっている。なんだか新しい鮎の食べ方で、勉強になりました。
そしてお食事が

名古屋コーチンのひつまぶし。パリパリの鶏皮が美味しい!最後はお出汁でいただきます。

そして甘味です、黒豆のクラッカーとアメリカンチェリーのババリエ。

最後に和紅茶とわらび餅が出てきてフィニッシュです。

いやーたくさんいただきました。
後今回頂いた日本酒が

鍋島、九郎右衛門、赤武の3種類をいただきました。
お酒のリストも今はやっているものから、時期のお酒など、バランスよく日本酒もワインも揃っていて、ちゃんとお酒を選んでいる人が作ったメニューな気がしました。

これでコースが¥13000とドリンクでトータル¥17000くらいでした。

色々なアイデアを楽しめる和食でした。満足度は高いかと思います。

美味しいかったです!ごちそうさまでした!

レストラン・飲食店ランキング

和食、日本料理カテゴリの最新記事