日本酒と妄想料理のあれこれ(岐阜県 所酒造 房島屋 純米吟醸 ) 

日本酒と妄想料理のあれこれ(岐阜県 所酒造 房島屋 純米吟醸 ) 

Advertisement

今日も昨日に引き続き、「ふじ原」さんで頂いた日本酒を紹介していきたいと思います。

今日の日本酒は岐阜県にあります所酒造さんのお酒「房島屋」兎心 微発泡 無濾過生原酒です。
こんな感じのお酒です。

実は写真を取り忘れておりまして、ネットに落ちていたものを使用しています。

房島屋のお酒は何種類か頂いているのですが、きれいな酸を日本酒で演出されている酒蔵さんのように思います。

今日いただく兎心は初めてなので楽しみ!

こんな感時の薄濁のお酒です。

それではテイスティングしてまいります

外観 薄濁、カルピスソーダー的な外観をしています。
香り フレシュな桃、少しメロン香、吟醸香。ほんのちょっぴりだけどペトロール香もあります。
味わい まず最初に微発泡を口に感じます。爽やかかな甘みのあとに、ほんのり苦味が残っていく。
爽やかで、これもスイスイ飲める。夏のお酒な感じがします。
今回飲んだ中ではこれが一番好きな味わいでした。家からも近いし今度酒蔵見学行こうかな…

そんなわけで今日の妄想料理です。

なにがいいかしら。この大人のカルピスソーダに合いそうな料理は…
これかな。この時期、食べる機会があれば食べてみたい料理。

岩牡蠣とレモン。です。

冬の牡蠣とはまた違った美味しさのある岩牡蠣にお塩をかけてレモンもかけてこの日本酒といただけたら、サイコーだろうな−

あー牡蠣が食べたい(仕事の都合上食べるの禁じられているのでこの仕事をやめない限り食べれない…)

ぜひ、房島屋の兎心(おそらく夏限定だとおもうので)見つけたら、牡蠣と食べてみてください。
そしてコメントしてください…

それではまた!


日本酒ランキング

日本酒カテゴリの最新記事