日本酒と妄想料理のあれこれ(秋田県 新政酒造 NO.6 X-TYPE 2018)

日本酒と妄想料理のあれこれ(秋田県 新政酒造 NO.6 X-TYPE 2018)

Advertisement

さて、今日ご紹介する日本酒は、京都の食べ歩きで訪れました

「木山」さん

からお送りしたいと思います。

このお店で飲んで気になったお酒を、3回に分けてお送りします。

今日ご紹介するお酒は、秋田県 新政酒造 「NO.6 X-type 2018」です。

日本酒をあまり飲まれない方でも、ご存じの方が多いのではないかと思う酒蔵さんですね。
お酒もプレミアが付いていたりと、なかなか、手に入りづらい(ちゃんと予約すれば帰るのですけどね)日本酒の一つでもあります。

僕も一通り、2016年(日本に帰国した年)から毎年1年をかけて、いろいろな種類をいただくようにしているのですが、
日本酒というお酒の可能性を常に広げていっている酒蔵だと感じるくらい、様々な味わいの日本酒を提供されている酒蔵さんです。

現状わかっている日本酒の成分は
酵母 協会6号酵母(新政酵母)
精米歩合 40%
アルコール度数 15%
です。
ここのお酒はほとんどが、生酛造りという昔ながらの製法を、改良して現代的にした製法で作っていたかと思います。

このようなエチケットをしています

それでは、テイスティングしていきます

外観…クリアー、無色透明に近い
香り…マスカット的な香りがします。生酒特有のフルーティでフレッシュな感じがするのと同時に、木の香り、コクを感じる香りもあり、複雑味があるように感じます。
味わい…酸味がきれいなお酒です。香りからも感じたマスカットのような味わいと、ほんのり微発泡しており、爽やかに感じながらも、しっかりと日本酒なら出羽の旨味を演出してくる。とても精度の高い日本酒を頂いている気がします。
ただ、日本酒というよりも、ワインに近い味わいです。ワイングラスで飲むとまた違った一面が見れそうです。

今日の妄想料理ですが…今日は木山の大将に、このお料理に合う日本酒と言って用意してもらったのが
新政NO.6ということもあり、とあるお料理と合わせた所、素晴らしく、お料理とマッチングしておりましたので、その料理を紹介しようと思います。

鱧フライの卵じめ丼です。!

個人的にも、鱧はそのまま食べるよりも、フライなどの揚げ物にして食べるのが好きなのですが、これを卵でとじて、丼にする発想はなかった!
さすがっていう気がします。

そして、さらにこの丼にはこのソース

透明なウスターソースをかけていただくのですが、これが庶民の味わいを、醸し出していていい!
そして、このフルーティーな新政との相性をさらに良くしています。

ただ、市販のウスターソースだと、カラメルの成分が強いため、カラメリゼさせないこの透明なウスターソースだからこそできる、マリアージュだとも感じました。

色々勉強になります。
だから、食べ歩きは楽しい。

木山さんのブログは14日に公開予定ですので、お楽しみにしてください!

それではまた!

※クール便限定商品【発送+250円】 新政 No.6 X-type 2018 純米大吟醸生原酒 750ml【新政酒造】【秋田県】

価格:10,368円
(2019/8/12 11:06時点)
感想(0件)




日本酒ランキング

日本酒カテゴリの最新記事