日本酒と妄想料理のあれこれ(京都府 宝酒造 澪 DRY)

日本酒と妄想料理のあれこれ(京都府 宝酒造 澪 DRY)
Advertisement

今日のお酒はちょっとだけ脱線して、コンビニで買ったお酒。

京都府の酒蔵 宝酒造さんが出しているヒット商品 「澪」のDRYをビールの代わりに購入したので、テイスティングしていきたいと思います。

正直、澪のオリジナルはちょっと甘くって苦手だったのですが、このDRYだとひょっとして飲めるかもと思い衝動買してしまいました。

こんな感じのエチケットです。

早速テイスティングしていきます

外観…無色透明 クリアー 軽い発泡がある。フリザンテくらいかな
香り…乾いた香り。米を炊いて、高温で乾燥させたような香り。甘酒のような香り
味わい…軽い微発泡を感じる。水のようにさらりとしていて、きれいな酸味を感じる。アルコール度数が低いせいか、スイスイ飲める。マスカット的な甘さも感じる。
キンキンに冷して飲むのが美味しいと感じます。

これに合う妄想料理は…
せっかくコンビニで購入したので、コンビニ商品から…

からあげクン(ファミチキでもいいと思うけど、食べたことないので…)

しかもレギュラーがいいかと(辛いのは、ちょっと負けてしまいそうですので)。

コンビニで買った澪とからあげクンで、たまにはジャンクなマリアージュも面白いと思います。

しかし、澪というお酒、本当に長い間、支持されているお酒だと改めて感じます。

小さい蔵もいいお酒を作るのに必死だけど、大手もそれ以上の努力をされているのが、目に浮かびます。

たまには、大手の酒蔵のお酒も呑みながら、妄想料理して行きたいと思います。

それではまた!


日本酒ランキング

日本酒カテゴリの最新記事