美味しいものトラベラー(愛知 伏見 レミニセンス その2)

美味しいものトラベラー(愛知 伏見 レミニセンス その2)

Advertisement

昨日に引き続きまして、レミニセンスのことを書いていこうと思います。

今日は、お料理に関する投稿です。

メニューはこのような感じです。

それではアミューズから順にお伝えしていきます。

アミューズは百合根と葛粉で作ったチップスの上に、北海道産のウニ、青さのりが載っている、お料理です。
このお料理は変わらず、ずっと提供されていて、いつ食べても美味しい!

とうもろこしのお料理です。
とうもろこしのフランにとうもろこしのスープ、バニラアイス、とうもろこしの粒、
香りに芽紫蘇、ディルが加わっております。
とうもろこしの甘みが全面的に生かされていて、食感もフランの食感、アイスの食感、とうもろこしの食感と色々味わえて美味しい一品です。

次は鱧のお料理です。
フリットした鱧と、冬瓜のスリ流し、レモンのクリーム、ジロール茸、食感を出すためにおかひじきを揚げたもの、香りにマイクロパクチー。

複雑なようですが、味としてはとてもまとまっていて、このお料理も触感が楽しいのと、香りが楽しい。
パクチーと鱧、レモン、冬瓜の組み合わせは、なんとなく 梅、鱧、胡瓜を連想させます。

フカヒレのお料理です

なんとフカヒレが揚げられて出てきました。 初体験です!
フカヒレと、トリュフ、スッポンだし、芽ネギと白髪ねぎ、そしてお皿の周りには、柑橘の皮をすりおろしたもの(おそらくベルガモットの皮)

これは初めての味なようで、そうではない感じで不思議でした。
スッポンとフカヒレを合わせることはよくあるので、組み合わせとしては、安心の味なのでしょうが、
香りと、食感がいつもと違うのが、面白いと感じました。

そして次はフォアグラのお料理。
フォアグラ、びわ(の中にもフォアグラのテリーヌが入ってます)、チョコレートのクランブル、フェンネルのピクルス、じゃがいも

このお料理も複雑なようでまとまりがあるお料理で、添えられていたブラックペッパーの香りの高さがすごかった。

ここで口直し
口直しはスイカのシャーベットで、ちょっと塩味を利かせているのが憎い演出です。

そして次が、鰻の料理
うなぎの蒲焼とミズダコのスライス、黄ニラとのソテー、わさびと、赤ワインのソース、じゃがいも

赤ワインソースとわさびを合わせると意外と合うという新しい事実がわかったこと、うなぎの蒲焼と赤ワインソースが合うこと、
いろいろな発見があるお料理でした。

そして次は、キンメダイの鱗焼き、島らっきょうと海藻のバターソース、オクラのフリットが添えられていました。

最近は洋食でも頻繁に見るようになった、鱗焼き。個人的にも鱗焼きは好きなのでとても嬉しい!

そしてメイン。
松坂牛のシンシンのロースト。マスタードと発酵バターのソース。横には八丁味噌と黒にんにくのソースが添えられてます。
見事なくらいきれいにミディアムレアに仕上げられたお肉が、本当に美味しい。
個人的には表面をカリッと焼いたお肉が好きなのですが、これは別格で美味しい。素晴らしい!

そしてデザートです
お口直し的に、パイナップルのシャーベット
パイナップルが、シャーベット、ジュレ、ドライフルーツなどになって楽しめる中にナッツが加えられていて、
パイナップルを全力で楽しめるシャーベットでした。

次のデザートは
桃のデザート。下地にはフロランタン、その上に桃のコンポート、ピスタチオのスポンジ、ギモーブ。横には桃のソルベに、クレームダンジュのソースが添えられています。
今度は桃を全力で楽しめるデザート。ギモーブの焼いたものが、スモアぽくて、夏のキャンプファイヤーを想起させます。

最後は小菓子
プッチンプリン、チーズケーキ、きのこの山、雪見だいふく
子供の時に好きだった(今も好きですけど)ものが、少し大人バージョンで再現されていて、面白い。
もちろん美味しい!

こんな感じのコースでした。

いつもながら満足度が高く、季節の食材をふんだんに楽しめるコースで、大満足です。

絶対今年中にもう一度来ようと思います。

今日もごちそうさまでした。


レストラン・飲食店ランキング

フレンチカテゴリの最新記事