美味しいものトラベラー(愛知県 丸の内 山猫軒 その2)

美味しいものトラベラー(愛知県 丸の内 山猫軒 その2)

Advertisement

それでは今日は、昨日に続き、山猫軒のレポートをしていこうと思います。

前回はお料理の説明でしたが、今回はペアリングのお酒の説明です。

このお店には特にドリンクに関しては独特なルールがあります

●メニューが独特

こんな手書きのメニューがランチョンマット代わりに敷かれています。
なかなかな達筆です。

それにプラスして7−8枚くらいあるワインリスト(持ち帰り可能)を渡されます。

●ペアリングプランが独特
ペアリングプランが色々有り
①3000円でワインペアリング(ペアリングのワインは飲み放題)
②5000円で日本酒とワインのペアリング(ペアリングの日本酒とスパークリングワインは飲み放題、ワインのおかわりは有料)
③12000円で笑っちゃうくらい有名なワインがペアリングできる。(ただし、ロスチャイルド系のワインはシェフがアンチな為おいていない模様。おかわりは有料)

●ワイングラスが独特
ここで使われているワイングラスが独特で、【樹グラス】というワイングラスを使われています。

樹ワイングラス ショート

価格:8,640円
(2019/9/4 22:19時点)
感想(5件)

ちなみに液体のものは
・ボトルからグラスに移すと味は変化してしまう
・味の変化は分子の結合により起こる模様
・分子の結合は左右対称の真円の器で起こる
・一旦分子の結合が起こると味は戻らない
というのが検証されているらしく

樹グラスとは
・左右非対称楕円のグラスのための分子の結合は起こらない
・樹ではボトルの中の味そのものが味わえる
らしいです。

確かに、味わいはいつも飲むワインや日本酒よりまろやかな気がしました。

●スワリング(ワインをくるくる回す行為)禁止。
これをやると本当に怒られるっぽいです。
そんなコトしなくても、樹グラスは香りが取れるらしいです。

●お店にあるボトルワイン(約200本)全部グラスで飲めます。
その仕掛けはこの機械

コラヴァンというのを使って、直接コルクに針を指して、ワインを抜き取っているかららしいです。
そして、減った分の液体のかわりに窒素ガスを入れて、鮮度を落とさないようにしているとのことでした。

すごいこだわり…

●日本酒、ワインだけでなく、ウイスキーも豊富(レアなものも多い)
中でもすごいレアだったのは100年もののスコッチ(海外のオークションで借金して買い占めたらしいです)
が2000円くらいで飲めます。

とてもまろやかで美味しい…(あんまりウイスキーは勉強不足でわからないのですが…)

などのたくさんのこだわりのあるレストランです。

なので、お料理の説明も多いのですが、お酒の説明はそれの1.5倍位ありました。

さてそれではドリンクの紹介をしていきます。

ちなみに今回は¥5000のペアリングを注文したのですが、どうしてもビールだけは呑みたくって今回は
ビールと100年もののスコッチは別料金で払いました(いくらかは不明)

ビールも独特なビール

日本酒はこちらです

最初は写真に乗ってませんが
1本目奈良県 みむろ杉、
2本目に山口県 東洋美人
3本目に岐阜県 はなざかり
4本目に長野県 黒澤

5本目に愛知県 奥 the moon
6本目に山形県 出羽桜
7本目に秋田県 まんさくの花
8本目に山口県 五橋


ここまでが日本酒です。ちなみに連続で日本酒が出てきました。ちなみにおかわり自由でしたので、全て2杯以上ずついただきました。

そしてワインがこちら

これまた写真に収められませんでしたが

CAVAからスタートで(これは乾杯酒でしたので日本酒の前に出てきまして、スパークリングのみのみワインは飲み放題)
アメリカ ナパ・ヴァレー HESS (Cabernet Sauvignon)
アメリカ ナパ・ヴァレー RIDGE (Zinfandel)
フランス ボルドー Chateau du Haut Maray

アメリカ カリフォルニア JAM Winery Butter (chardonnay)
フランス ボルドー ポイヤック Chateau La Tour L’aspic
アメリカ ソノマ Kalin Cellaras (Chardonnay)

アメリカ ナパ・ヴァレー Caymus vineyards Cabernet Sauvignon
フランス ブルゴーニュ Champs-perdrix Vosne-Romanee

ワインはスパークリングを入れて9種類

全部合わせて17種類。

料理よりちょっと多い。

これで¥5000。

まさに破格です。

どれもお料理に合わせてくれるので、料理との相性もよく、最後の最後まで楽しませていただきました。

これで料理とワインで¥20000はかなりすごい。

脱帽です。

そして何よりも、食材、料理、お酒と造詣の深いシェフが色々説明しながら提供してくれるこの空間が
どの店にもない唯一な空間だと感じてしまうわけです。

また勉強しに来よう。

色々学びのあるお店でした!

それではまた!!


レストラン・飲食店ランキング

無国籍料理カテゴリの最新記事